臼井農産は神奈川県厚木市で養豚場を開業して50年余、うすいファームは豚肉の直売を行っています。

よくある質問
お知らせ


menu

臼井ファーム公式通販サイトはコチラから

PAGE TO TOP

あつぎ豚『おすすめレシピ』第3弾!!

あつぎ豚『おすすめレシピ』第3弾!!

2018.03.14

皆様、こんにちは☀

あつぎ豚推進協議会副会長のSenです。

 

 

今日も心地よいぽかぽか陽気、花粉さえ飛んでなければ文句なしなんですが。。。

花粉の飛散量と共にティッシュの消費量がうなぎ上りの今日この頃です(笑)

 

 

さてさて、本日はタイトル通り久々にあつぎ豚を使用したオススメのレシピをご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは『あつぎ豚のコンフィ』です!!

まず『コンフィ』とは?という方にちょっとだけご説明しますと、元々フランス料理の調理法の一つで肉や果実を保存性の高い物質に浸して調理する食品の総称として広く知られているそうです。肉の場合は通常、ラードに浸して極低温で煮ることにより肉がしっとりと柔らかくなり、風味も豊かになるんですよ♪

そして今回あつぎ豚のコンフィをご紹介するにあたって、本来であればあつぎ豚のラードを使用したいのですが、当店では現在ラード(豚脂)の販売は一切致しておりませんので今回はラードの代わりにオリーブオイルを使って実際に調理していきたいと思います!

 

用意する食材がコチラ↓

あつぎ豚の塊肉(お好みの部位)  × 300~500g

塩コショー           × 適量

ハーブ(ローズマリー、タイム等) × 適量

オリーブオイル         × 適量

以上になります。

 

今回はバラ肉とモモ肉を使用します(^^)/

 

調理手順はまず、予め塊肉に塩コショーとハーブで味付けをして一晩寝かしておきます。

 

いい感じに味がしみ込み水分が抜けて、しっとりしました。

あとは鍋に移しオリーブで煮込むだけなのですが、これ位の大きさのお肉でも全体が浸かるほどのオリーブオイルを注ぐと結構な量を使用してしまうので、今日は裏ワザを使います!

耐熱のジップロック等にお肉全体にかかる程度のオリーブを入れ空気を抜き、お湯で煮込みます!

そうすることによりオリーブオイルの使用量をグンと減らせるんです(^^♪

 

こんな具合で火を入れ煮込んでいくのですが、ここでポイントとして高温ではなく低温(80~90℃)でゆっくり煮込むことでしっとり柔らかく仕上がります。大体1.5~2時間くらい煮込めば火は通ると思います。

温度管理が少しシビアなので温度調節できるオーブンなんかで調理するのもいいかもしれませんね♪

 

そんなこんなで待つこと数時間・・・いい感じに仕上りましたね\(^o^)/

あとはお好みの大きさに切り分けて軽くソテーすれば出来上がりです!

マスタードにつけて食べるのが主流のようですが、好きなソースをかけて食べても美味しいですし色んな料理に合うので、たくさんアレンジもできるんですよ!

同じ豚肉でもひと手間加えるだけでガラリと印象が変わりますよね♪

よろしければ是非是非お試しください(^^)/

 

 

それではまた今度!Senでした。

うすいファーム商品のおしながき
あつぎ豚取り扱い店舗募集

採用情報
養豚農家ブログ
あつぎ豚が食べられるお店
関連リンク
お問い合わせ
直売所うすいファームfacebookページ
直売所うすいファームLINE登録