臼井農産は神奈川県厚木市で養豚場を開業して50年余、うすいファームは豚肉の直売を行っています。

よくある質問
お知らせ


menu

臼井ファーム公式通販サイトはコチラから

PAGE TO TOP

潜入!リアルスコープ vol2

潜入!リアルスコープ vol2

2017.08.19

皆様、こんにちは☀

あつぎ豚推進協議会副会長のSenです。

 

最近、気温の方は落ちついたのですが、いかんせん天候がよくありませんね。

ジメジメと湿気がひどく洗濯物も乾きにくいので、エアコンのドライ機能が欠かせない今日この頃です。

 

 

さて今日は、と申しますと

前回、私が掲載しました『潜入!リアルスコープ第1弾』が大変に好評?!につき、さっそく第2弾をお届けしたいと思います!準備はよろしいですか?

 

今回、潜入したのはコチラの舞台裏!!!

ん?、、、誰?ですよね(笑)

ご紹介します。この方、なにを隠そう当ブログでもおなじみの、きっしー君です!

そして彼が今カットしているお肉は“バラ軟骨”と呼ばれるお肉です。

  

この部位は地域によって様々な名前で親しまれていて“骨付き豚カルビ”だったり、沖縄の方だと“パイカ”や“ソーキ肉”なんて呼ばれています。豚さん1頭から2本しかとれない貴重部位!

このお肉がどんな商品に変身するのかといいますと、、、

こちらの商品!

そう!前回きっしー君が本ブログでご紹介した人気商品『豚なんこつ』です!

と、ココで少しだけ話が脱線しますがきっしー君は普段、店頭に立っていることが多く主に販売・サービスをしております。そして常にお客様のことを考えて動き、丁寧なサービスを心がけているのでファンの方も多く、同じく直売所スタッフの良きお手本として、日夜頑張っております。

そんなきっしー君が今回、この豚なんこつを実際に作るということなので格好の標的、、、(笑)じゃなくて激写する絶好のチャンスだと思い、いざ潜入してきました!

  

ぶつ切りににカットしています。大きめの包丁だと楽に切れるそうです。

このような具合になりました!

そして、切り終えたお肉を~、、、

  

大きな圧力鍋に入れ、全部のお肉が浸かる位の水を入れてますね!圧力鍋なのでしっかり蓋を固定して、火加減を調整しながら煮込むそうです。時間にして2時間!これ位圧力をかけないと骨まで軟らかくならないそうです。

、、、2時間後

  

ゆであがりました!ぷるぷるですね(笑)コラーゲンもたっぷりです!

バットに移し、冷蔵庫で冷やして完成です!

本当に骨まで食べられるので、煮込み料理にそのまま入れても美味しいですし、お肉のダシが出るので蕎麦やうどんの上に乗せて食べるのもオススメです!ぜひぜひお試しください。

以上が『豚なんこつ』の作り方でした。

 

リアルスコープ第2弾、楽しんでいただけましたでしょうか?

最後までご観覧いただきありがとうございます。そして今回協力してくれたきっしー君もありがとう!

きっしー君の今後の活躍を期待してるよ(^o^)/

いい笑顔ですね(^^)

 

 

それではまた今度!Senでした。

うすいファーム商品のおしながき
あつぎ豚取り扱い店舗募集

採用情報
養豚農家ブログ
あつぎ豚が食べられるお店
関連リンク
お問い合わせ
直売所うすいファームfacebookページ
直売所うすいファームLINE登録