臼井農産は神奈川県厚木市で養豚場を開業して50年余、うすいファームは豚肉の直売を行っています。

よくある質問
お知らせ


menu

臼井ファーム公式通販サイトはコチラから

PAGE TO TOP

礼!豚肉勉強会5周年ヽ(*'(OO)’)ノ

礼!豚肉勉強会5周年ヽ(*'(OO)’)ノ

2019.04.05

みなさん、こんにちは!

あつぎ豚推進協議会会長こと、ぷーやんです ☆(´ゝ∀・`)シ

お久しぶりの登場ですがお元気にしていましたか???

時が過ぎゆくは早し、気が付けば新年度スタートヾ(◕x ◕o)=ε3=ε3=ε3

そしてなんといっても!新元号“令和”が幕を開けます!といっても5月からですが・・・

みなさん4月1日の11:30頃はテレビの前でそわそわ、ドキドキしていたんじゃないですか?

ヽ(≡ω≡;ヽ)ォロォロ(ノ;≡ω≡)ノ

平成もこの4月で最後になりましたがやり残したことはございませんか?新しい時代“令和”に向けての準備は万全でしょうか???

かくゆう、ぷーやんもいつも以上に毎日忙しく新時代への準備をしている今日この頃です。

((ヽ(´Д`;ゞ=ヾ;´Д`)ノ))

さて、そんな平成最後の年の3月に恒例となりました、養豚バカ・・・おっとっと豚に熱き情熱をかける養豚家たちの集まり“豚肉勉強会in人形町”へ行って参りました  εεεεεヾ(●´∀`)ノ

今回はなななんと!豚肉勉強会が発足して5周年!東京オリンピック2020に焦点を当てて日本養豚の継続と発展を目的に2015年に立ち上げたこのプロジェクトは日本でも有数のブリーダーでもある富士農場サービスの桑原社長が発起人。そのテーマは“トップ・ピッグ・プロジェクト”略して『TPP』。あれ?何だかパクリ?若干皮肉感が否めないテーマですがそれは気にしない ヾ(´∀`;)

そんな桑原社長から今回は“明治150年の歴史にみる養豚の歩み”と題しましてご自身の養豚歴やご経験、世界の養豚と日本の養豚の違いや日本養豚の強み、そしてこれから目指すべき道を熱く熱く語っていただきました。そんな桑原社長の養豚歴はなんと60余年!?年期が違いますね Σ(-∀-;)ぷーやんなんてまだ10年足らず・・・先輩!いつも勉強になりまr(≧ω≦*)  

桑原社長の富士農場サービスは“世界中の豚に出会える農場”をコンセプトに様々な豚の原種を飼われているとか。我らがあつぎ豚のLWDでおなじみのランドレース・大ヨークシャー・デュロックはもちろんのこと(ちなみに臼井農産のデュロック♂は桑原さんの農場で生まれた豚ちゃんもいます)高座豚という名を日本全国に広めた原種・中ヨークシャー、黒豚でおなじみのバークシャー、中国原産の民豚、そしてハンガリーの国宝・マンガリッツァ(ちなみにちなみにこちらは現在日本で3農場しか飼育されていません。そしてなんと富士農場だけが国内登記されているとか!?)などなど、ほかにも原種豚がいるようですが本当に世界中の豚に会えちゃうぐらいたくさんの種類の豚を飼育、ブリードしているんですね(o・ω´・b)そりゃ、桑原社長が養豚バカ・・・おっとっと、養豚に対して情熱的なのが納得です (`・ω・´)ノ  しかし、ただただたくさんの品種を扱っているだけではありません。その先にはもちろん“美味しい豚肉”を追求するためです。上記画像にもあるように富士農場でも独自の交雑で様々な豚肉を作っています。そしてその豚肉の美味しさを科学的にも官能的にも徹底的に調査・研究しているんです。

ぷーやんは毎回この豚肉勉強会に参加させていただいていますがここまで豚に懸ける情熱がものすごい方はそうはいないと思います。もちろんぷーやん達も負けてはいませんがいろんな方向から美味しい豚とは何か、お客様に喜ばれる豚とは何か、そして選ばれる豚とは何かを常に研究し続けている桑原社長のような熱き養豚家達が今の日本養豚の発展を支えて来られたのだとあらためて感じました。今後の日本養豚はどの方向に向かうのか、向かうべきなのか、それを日々目の前の豚と向き合いながら模索、精進されているのだということも感じました。そんな先輩達の努力や想いをぷーやん達の世代がしっかりと受け継ぎ、そしてさらに新しいもの、価値を生み出し、日本の、いや、世界の養豚の未来を創っていかなければならないということも強く感じた瞬間でした。現在、養豚界だけではなく日本の農業全体が後継者問題や担い手不足に直面し、日本農業の存続自体が危ぶまれています。そんな中、養豚業をしているぷーやん達にできる事は何か、をしっかりと考え見据えて新時代を迎え歩んで行きたいと思います。

さてさて、毎度のことながら後半になるとどうしても語りがくどくなってしまうぷーやんですが今回はこの辺にしておきたいと思います (´・ω・`;A) ちなみにこの豚肉勉強会の懇親会では毎度のことながら豚肉の食べ比べをやっております。今回は原種豚の中ヨーク・満州豚(民豚)・デュロック(茶色豚)の3種を食べ比べ (*◇‘v′+艸)どれも特徴があり美味しかったのですがぷーやんは中ヨークがお好みでした。肉の肌理が細かく舌触りが滑らかです。脂はコクと甘みが強く口の中でとろけてしまうぐらい口溶けが良かったです d(*´▽`*)bうすいファームでも出そうかな??? 

最後に豚肉勉強会5周年、本当におめでとうございます!桑原さんをはじめ事務局の岩本さん、室原さん、富士農場の清水さん、いつもありがとうございます!そして素敵な会を作ってくれてありがとうございます (*´-`*)ゞ 今後もこの会がいつまでも続きますことと、皆さんのご活躍とご健康、そして日本養豚界の更なる発展をお祈りいたします +。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚また、次回楽しみにしております!

毎度のことながら桑原社長と小杉社長の記念ツーショット d(・∀・○) この2日後、電話にて30分ほど更に豚について熱く語っていたとか・・・小杉社長も負けてない (o・∀・)b゙

さて、次回はaikaさん、頼みましたよ!

ぷーやんが惜しんでブログネタにしなかった、4月1日に入社した      

うすいファームの新しい仲間達を紹介したってください Σd(ゝ∀・)ィィ!!!

くぅ~~~、フレッシュ!!! (((((((((((((((o≧∀≦o)ノ゙

うすいファーム商品のおしながき
あつぎ豚取り扱い店舗募集

採用情報
養豚農家ブログ
あつぎ豚が食べられるお店
関連リンク
お問い合わせ
直売所うすいファームfacebookページ
直売所うすいファームLINE登録