臼井農産は神奈川県厚木市で養豚場を開業して50年余、うすいファームは豚肉の直売を行っています。

よくある質問
お知らせ


menu

臼井ファーム公式通販サイトはコチラから

PAGE TO TOP

NO PIG,NO LIFE.

NO PIG,NO LIFE.

2019.02.12

こんにちは、こうちゃんです。

いや~Senさんの赤ちゃんOh!Pretty Babyですね~(*^_^*)カワエー♡

両親どっちに似ても美男子、反則ですよね~(;´д`)

末は博士か大臣か⁇早くも親馬鹿みたいです(笑)

こうちゃんも子煩悩で子供好きなので、Senさんみたいに幸せな家庭を築いて熱心パパになるのが夢です。両親に元気な孫を見せられるのは、いつの日になるやら~←ホットケー

さてさて、皆さん節分は豆まきしましたか⁇こうちゃん家は自営なので、こういった昔ながらの風習を大事にします。

家族みんな健康で、いられるのも、ご先祖様の、おかげです。

元気に鬼は外!福は内!

さて実は、全国100億万人のこうちゃんファンには申し訳ないですが、最近は、うすいファームを飛び出し臼井農産(農場)の方に行っております。∑(゚Д゚)エー

主に農場の方では繁殖部門を手伝っています。

元気な子豚を産むため母豚はストールと呼ばれる部屋に入ります。

これにより1頭1頭にキメ細やかな体調管理が行えます。

豚は妊娠期間が114日と非常に短く、1年間に2.5産は可能です。

多産ゆえ、1回、1回の分娩の際、豚に馴染みのない事や予測のできない事をできる限り避け、何でも機械化されていく合理化の、この時代、養豚においても機械化では絶対出来ない事、それは、豚に最適な環境、空間を人の手で提供してあげる事だと思います。豚が最適な環境でストレスなく伸び伸び過ごせるように農場スタッフから色々学びたいと思います。

母豚と可愛い子豚たち!

第1次産業の生産の現場から、第6次産業まで、1貫して見れる本当に恵まれた環境。臼井に入って本当によかったなと思います。

最後に、あどけない顔で人間に懐く身近な存在の豚。生まれつき過酷な運命を背負っています。そんな彼らが報われるには、どうすればいいか⁇

それは、うすいファームという名の舞台で最高の演出で、1人でも多くの人に、あつぎ豚を食べてもらう事、物語の真実を伝える事、私達には、演じ手として、その使命があります。

命を扱い命について考えさせられる

非常に罪深い事かもしれませんが、1つだけ言えるのは臼井さんの豚に「ありがとう」豚なしの生活は考えられません。

付録、臼井農産のクロちゃん♡

今月は、日が少なく、あっという間ですが、笠ボーイくんが、笠ガーイくんになったり2月は盛りだくさん。

次は、最近、燃えてるきっしーくんです。よろしくネ!!

うすいファーム商品のおしながき
あつぎ豚取り扱い店舗募集

採用情報
養豚農家ブログ
あつぎ豚が食べられるお店
関連リンク
お問い合わせ
直売所うすいファームfacebookページ
直売所うすいファームLINE登録